うつみね健康学園
トップページへ
 
代表プロフィール
交通アクセス
お問い合わせ
 関連事業
マインドヘルスパーソナリティセンター
MHPCヒューマンサイエンスアカデミー
リンク
 
アクセスカウンター
 <書籍案内>
余意の生き方

心の病はこうして治す

子どもは親を選べない 

「折れない心」の習得支援/自然体験・田舎暮ら   
「折れない心」を育むレジリエンス教育一筋27年の信頼と実績!!
数多くの若者が学校、社会復帰を実現!!
NPO法人フリースクール&スペースうつみね健康学園 
 
ストレスに打ち克ち、逆境を乗り越え、どんな困難にもへこたれない「元気、しなやか、折れない心」を育むうつみね健康学園。不登校やひきこもりで悩む若者は「心の根っ子」に、わずかなストレスで心が折れてしまうという「生きにくさ」を抱えています。学園では、「折れない心」を身につける一貫したレジリエンス教育で不登校やひきこもりをはじめ、さまざまな悩みを抱えている若者の問題解決を支援しています。 

 不登校、ひきこもりは「心が折れている」のです!!
イライラ
モヤモヤ
憂うつ気分 
無気力
集中力
興味、関心の欠如
人づき合いが苦手
人に会うのが臆病
自己否定
自責の念
自罰感を持つ

 「心が折れている」子どもに対し、何を基準に進路を選びますか?
 「能力の自信」より『存在の自信」を育む!!
何故、「折れない心」が最強の心のパワーと言われるのか。その答えは、人生における喜びや悲しみ、苦しい出来事に対し、心が影響しないものはひとつもないからです。特に「自信」について言えば、自信をつけるために私たちが思うことは、学力や体力、特技などの能力を高めようとしますが、「能力を身につけることで得る自信」は(ないよりはあった方がいいけれど)相手の能力が高ければ簡単に崩れ、当然ながら心はへこみ、落ち込み、折れてしまいます。そうした状況から立ちあがる力が「自分が存在しているということに対する自信」であり、その自信こそが『折れない心』の中心的パワーなのです。


 学校は大事、しかしもっと大事な「社会を生き抜く力」
 「学生時代は16年、その後は皆、社会人!!」教育の最終目標は子どもの「社会的自立」です。子どもが社会の中で健やかに生きるために必要なものは何かを見極め、そのための支援をすることが子育て教育の親の使命です。御存じのとおり、私たちは生きる過程において、常にストレスを感じています。つまり、社会的自立を支えるのは「ストレス対処力」と言っても過言ではありません。当学園では、春、夏、冬休みや土日、祭日を活用した「折れない心」を育む生活体験を実施しております。10代で育む「折れない心」はその後の人生の大きな力になります。

 『折れない心』を育む短期生活体験 好評実施中!!
 不登校・ひきこもりの根本的解決を目指して!!
※2~7日の宿泊体験。テキストによる学科講習や田舎暮らしと「遊学」体験を通して「折れない心」を身につけます。
※生活参加は、いつでも自由に選択できます。
※その他、寄宿(全寮)制では、中学卒業以上の方は、提携校(広域通信制高校2校)で高卒資格が取得できます。
※アルバイトや提携自動車学校(完全送迎)で運転免許が短時間で取得できます。


 【特 長】
26年の経験と支援実績が問題解決をサポート!
学園長矢吹孝志が長年のカウンセリング実績をもとに監修したストレスに打ち克ち、逆境を乗り越えどんな困難にもへこたれない
「元気・しなやか・折れない心」を育む一貫したレジリエンス教育を実践!
 
 「折れない心」を育む、独自の生活プログラム(学科・実施)の実践により
早期解決を実現!!
 【学園生活案内】
◇全寮制(寄宿制)*通所制・*体験・入園制が選べます。
◇高校生・中退者は提携高校(通信制)の高校資格が取得できます。
◇車の運転免許 他各種免許・資格が取得できます。

◇他、山村留学制度有り。
 【教育方針と活動内容】
【基本的指導理念】 
不登校やひきこもりの若者の心の根っ子にある共通点は『心が折れている』という事実。
不登校やひきこもりは生活現象のひとつであり、風邪に例えるなら「くしゃみ、鼻水、発熱」の症状と同じで、不登校やひきこもりもその状態(症状)はひとり一人違います。
また、不登校は登校すればそれで解決したいということではなく、ひきこもりも社会に出ればそれで解決したということではないのに、本人も親もそのことが「解決」と思って対応するから第二、第三という次に形を変えた不登校、ひきこもりを新たに出現させ、長期化や深刻化を招いています。
根本的解決とは、風邪の場合、風邪をひかないタイプ。風邪をひいても「自ら治せる」タイプになることで、たとえどのような悩みや問題を抱えても「自分で解決する力」を持つことであり、その力を支える中心的パワーが『折れない心』です。
長年に渡り「一貫したレジリエンス(ストレス対処力)教育で『折れない心』を育み、広く「心の病」を
はじめ、不登校やひきこもり問題の解決支援を行ってきた当学園の「基本的指導理念」の根拠はここにあります。

不登校、ひきこもり時間の有効活用・『折れない心』を身につける
自らの不登校やひきこもりの原因や理解している若者はごく僅かで、ほとんどは曖昧な状況の中、憂うつ感を募らせています。そしてただ闇雲に「このままではいけない、何とかしなければならない」と親子ともども、葛藤を繰り返し、戸惑っているのが現状です。
ところで、葛藤や戸惑いは私たちから「客観的な視点」を奪います。そのため、葛藤や戸惑いの中では何をやってもうまくいかず、悪循環をくり返します。
悪循環をなくすには、一時、問題から離れ、自分をあらゆる角度から見る「客観的視点」を養う時間を持つことです。そのためには、自らの不登校やひきこもりの時間をどのように捉え、受け止め「解釈」するか、すべてはそこにかかっています。

     『折れない心』を身につける時「何があったか」ではなく、
       どのように「解釈するか(したか)」が重要なポイントになります。
         不登校に対し「どのような意味や価値」を見い出すか、
                 それが「あなた」の『気づき』です!!


  ここから始まる新たな未来!!社会を生き抜く『健康力』を養う
【活動内容】        
自己肯定感を養い、「折れない心」を育み、たとえどのような状況であれ、ありのまま受け入れ、行動できる「積極的行動精神」を養います。 
起床・飲食・睡眠の基本的生活時間を尊守し、社会生活に欠かせない常識、マナー、礼儀作法、身だしなみや、会話などソーシャルスキルを身につけます 
特に、高校未就学者や中途退学者には、広域通信制高校のサポート校として、高卒資格の取得を支援している。他、さまざまな学習支援を行います。 
コンビニをはじめ、提携就労事業所での就労や各種免許取得など、ソーシャルスキルアップと就労支援を行います。 
 【入園から自立までの経過】
   【基本的生活の構築】  ・生活リズム・健康管理・対人関係のあり方
     ↓
   【自己再発見】  ・気づき・受容・自信回復・目標設定
     ↓
   【実践行動】  ・体験活動・免許・資格取得・アルバイト
     ↓
   【卒園】  ・学業再開・進学・就労・自立
 【メッセージ】
不登校の解決は「学校復帰」か?ひきこもりや就労困難は「就労や社会復帰
なのか?」当学園の支援目標は「気づき・受容・行動」を伴う「人間復帰」をすること。いわゆる「自立」とは「自分の力でねぐら」を確保し、自分の力で「飯を喰う
ことであると考えます
そのためには「自己選択」「自己管理」「自己責任」「自己処理」の力が不可欠です。
つまり、不登校やひきこもり就労困難な若者に限らず、悩みが解決できずに日常生活を停滞している人の「心の根っ子」にある「生きにくさ」を解決しなければ本当の解決に至りません。
「生きにくさ」の解決とは、ものごとやできごとに対する「見方、考え方、捉え方、受け止め方」という「解釈の仕方」の問題であり、根本的には「生き方」の問題であると考えます。
当学園の指導方針である「生き方を変える」ということ。そのことが不登校やひきこもり、就労困難をはじめ、私たち人間のさまざまな問題を解決する「基本」であると確信します。
 【御相談・見学・入園について】
・うつみね健康学園では、見学や入園の相談を随時受付しております。
・見学や相談は事前予約が必要です。
・入園に際しましては、本人及び親御さんの事前面談が必要です。
・自宅訪問によるカウンセリングや学園説明を行っています。
   
 
学園は『自然の家うつみね遊学体験パーク内にあります
今すぐ見て!!
http://stylekoriyama.com/shop/uzumine/

 お問合せご相談はこちらから 
 〒963-1244福島県郡山市田村町栃本字水沢527
 ☎024-985-1005  〔F〕985-1007
 
 うつみね健康学園はNPO法人ヒュマンコミュニティサポートAiが運営しています
 
 
  施設全体風景
 
 本館
学園生の生活風景   


 ページトップへ戻る
 Copyright(C) 2016 M・H・P・C All Rights Reserved
このサイトに記載されている内容(文章・画像等)を無断に転写・複写することを禁じます。